• 伝統的絵画の掛軸
    日本では掛軸を所有している家庭は多く存在する。掛軸は古くから伝来している日本の伝統文化を継承した絵画の一つである。
  • 日本の家屋の変化
    茶道道具の中で、掛軸以外にも骨董品として買取が行われているものが多数ある。
  • 日本の絵画
    掛軸が日本で長く親しまれることになったのは、鎌倉時代の武士文化の発達に加え、茶道が発達したことも要因の一つである。
  • 茶道と掛軸
    それに対して武家で愛されるようになった掛軸は、公家で愛された襖絵や屏風とはまったく正反対の性格をもつものであった。
オススメリンク

掛軸や版画の買取ならここにお願いしましょう!忙しくてお店まで行く暇がないという人も、宅配買取があるので安心ですよ!

アーカイブ
カテゴリー

気軽に買取店へ

買取を高額にしてもらうためには作品の保管に気をつけなければならない。
シミひとつで買取額が大幅に変動する場合があるからである。
掛軸の場合は紙や布に描かれるものなので、シミがつきやすく、また、経年劣化による影響で表面が剥がれやすくなっている。… Read more

作家を特定する

そのような家庭で不用になった掛軸の中には、文化財として価値が高いものも多く存在する。
このことから、骨董品店では多くの人に呼びかけて掛軸が不要になった場合は捨てずに買取に回すように進めている。
近年では、骨董品ブームを経て、古いものを貴重な物、骨董品としてみなす人々が増え、素人でも鑑定眼が高い人がいる。
古くなった掛軸でも、捨てずに一旦買取専門店に持ちかけてみる事が常識となっている。… Read more